目的別美白化粧品の3つのタイプ

美白化粧品というと肌を白くするもの、すでにできてしまったメラニンを薄くするものというイメージを持っていませんか。

 

こういった働きをする美白化粧品もありますが、美白化粧品には3つのタイプがあります。

 

1つめはメラニンができる過程に働きかけるものです。

 

紫外線を浴びたり摩擦の刺激を受けるとメラニンが生成されます。

 

このタイプの美白化粧品は、メラニンが生成されるときに働く酵素の働きを阻害したり、活性酸素を抑えてメラニンの生成を抑制して、メラニンの生成を抑制します。

 

アルブチン、リノール酸、ビタミンC誘導体、エラグ酸などがあります。

 

2つめのタイプはできてしまったメラニンを還元するものです。

 

メラニンが還元されてシミやそばかすが薄くなることが期待できます。

 

ビタミンC誘導体にこの働きがあります。

 

3つはめメラニンの排泄を促すものです。

 

メラニンはターンオーバーの過程で排泄されるのですが、ターンオーバーの周期が乱れているとメラニンが肌に蓄積してしまいます。

 

ターンオーバーは約28日周期ですが、年齢を重ねるとともに遅れてきます。

 

ターンオーバーを促す成分にはアラントインがあります。

 

美白化粧品によって配合されている成分が違い働きも違うので、目的に合ったものを選んでください。

デイケアで差をつける美白化粧品

 

美白ブームが続く中で、夏は女性にとって大変な季節です。

 

というのも照りつける太陽は一時間も外にいれば日焼けしてしまう原因にもなりかねないからです。

 

けれど外で仕事している人にとって外に出ないことはできませんから、美白化粧品への注目が集まっています。

 

一年のなかで紫外線により短時間で人に日焼けしてしまうのはもう春先から注意が必要ということです。

 

注目が集まる美白化粧品ですが、これまでは化粧水やエマルジョンに美白成分が含まれているものが多かったですが、最近では昼間も美白ケアを怠りたくないという人には、ファンデーションや下地クリームに美白成分が含まれてる商品が人気です。

 

化粧直しもしやすいですし、成分がしっかり肌に吸収します、ファンデーションや下地クリームは、メイクをしている女性にとっては、一日のうちの大半身につけているものです。

 

そのため美白成分の浸透率が時間が長いことにもより効果があることも特徴的です。

 

また美白成分だけでなく紫外線ブロックをできる成分もあるので、美白化粧品としてトータル的な対策ができてしまうのがいいところでしょう。

 

ナイトケアだけでなく、これから求められている美白化粧品は昼間の継続的なケアです。