肝斑に効果がある美白化粧品

美白化粧品に興味を持つキッカケとして、多くの方は「突然出来たシミ」を挙げるのではないでしょうか。

 

中でも30代〜40代の頃、目の周りに出来る肝斑は、薄ぼんやりはしているものの大きいため、何か対策を練らなければ…と女性に思わせる迫力があります。

 

ここでは肝斑に効果があると言われる美白化粧品を、2つ紹介致します。

 

なお、肝斑に摩擦は禁物です。

 

これらの美白化粧品を使う時は、肌を擦らないように扱って下さい。

 

まず初めに紹介したいのが、第一三共ヘルスケア「トランシーノ薬用ホワイトニングシリーズ」です。

 

配合されるトラネキサム酸は、肝斑治療のための代表的な成分です。

 

シミが作られる前、肌ではメラニン色素を作る細胞に対し、シミを作るようシグナルが送られるのですが、トラネキサム酸はこのシグナルを阻害する働きがあります。

 

使っていれば、シミは作られなくなります。

 

次に紹介するのはロート製薬の「オバジHQブライトニングナイトセラム」です。

 

配合されるハイドロキノンは、メラニン色素を作る細胞の働きを抑制すると同時に、出来てしまったシミを薄くする効果があります。

 

夜間だけ使うタイプなので、使用に手間が掛からない点でもお勧めです。

 

いずれにせよ美白化粧品は、根気よく続けることが何よりも大切です。

 

諦めずにシミのない肌を目指しましょう。

 

美白化粧品と後のお肌

 

美白化粧品を使ったことのある方は、どれくらいの効果を実感しているでしょうか?私個人としては年齢が若いときに使ったせいか、あまり効果らしい効果が感じられないままになっています。

 

しかし、最近はとても暑い日が続き、太陽も元気いっぱいです。

 

歩いているだけで地面からの照り返しでこんがりと両面焼けてしまいそうな昨今では、やはり美白化粧品の購入は急務だと思うようになりました。

 

では、たくさんある美白化粧品の中でいったいどれがいいのでしょうか?いろいろ調べていくと、厚生労働省が認可した「美白成分」を配合している美白化粧品が美白をしたい人には良いらしいです。

 

それ以外の美白化粧品を使っても効果なんてまるでない、と言っている人もいるくらいです。

 

もしかしたら私が昔使っていた美白化粧品も、この厚生労働省の認可がおりていない成分を使っていたのかもしれません。

 

そう考えるとお化粧品の裏や、同封されている取扱説明書を読むことというのは、意外に大切だと思います。

 

無添加だと思って裏を見たら聞いたことの無い化学成分が書いてあったなんて話しもあるそうですから、気になった成分の名前はこまめに調べておいた方が、後々の自分の肌のためですね。