シミのタイプに合わせた美白化粧品の使い方

一般的にシミと呼ばれるものには、老人性色素斑、脂漏性角化症、雀卵斑、炎症性色素沈着、肝斑、花弁上色素斑などがあります。

 

老人性色素斑は、別名肌荒れ記憶ジミとも呼ばれており、シミの中で最も多いタイプです。

 

皮膚の炎症や傷が色素沈着したことでできたものです。

 

このシミのタイプには、ビタミンC誘導体などのシミを目立たなくする成分が入った美白化粧品が効果的です。

 

ただ、メラニン色素が真皮まで沈着した場合は、レーザー治療でないと取れないこともあります。

 

脂漏性角化症は出っ張りジミとも呼ばれ、皮膚の良性腫瘍です。

 

残念ながら、このタイプに美白化粧品の効果はありません。

 

雀卵斑はいわゆるソバカスのことで、思春期や白人の人にできやすいシミです。

 

遺伝的要因が強いため、美白化粧品ではあまり効果が期待できません。

 

肝斑は、ぼんやりジミとも呼ばれ、目の下の広範囲に薄ら現れるシミです。

 

女性ホルモンの影響が考えられています。

 

メラニン色素を抑制する美白成分入った美白化粧品が効果的です。

 

ただ、摩擦によりシミを濃くしてしまうこともあるので、ケアには十分注意が必要です。

 

花弁上色素斑は、強烈に紫外線を浴びることで現れるシミです。

 

メラニン色素の沈着が真皮にまで達してしまっているので、美白化粧品ではあまり効果が期待できません。

 

レーザー治療なら効果があります。

 

シワ対策には保湿力の高い美白化粧品

 

美白化粧品といえば、シミ予防、シミ対策と考える方が多いと思いますが、それ以外にも紫外線によるいろいろなダメージに対して効果があるんです。

 

例えば紫外線を浴びたことによりできるシワがそれです。

 

特に、乾燥がひどくなるとシワも深くなってしまいます。

 

そうなる前に、美白化粧品をたっぷりと使って対策をとる必要があるんです。

 

シワによく効く美白化粧品は、保湿力の高いものが効果的です。

 

特に、シワができやすい目の周りはしっかりと保湿成分の高い美白化粧品を浸透させるのがよいでしょう。

 

シワが少しでもあると、お化粧の糊が悪くなってしまいますよね。

 

ですから、シワはできる前に防ぐことが一番大事なのです。

 

保湿だけであれば、確かに美白化粧品でなくてもいいのですが、やはり肌のくすみも気になるのであれば、使うのは美白効果が高いにこしたことはありません。

 

このように、シミだけに特化したものでなく、高い保湿力をもつ美白化粧品がこれからのお肌の状態をよりよいものにしてくれるので、乾燥しがちだという人も、もっと潤ったプルプル肌になりたいという人もそういったものを探して購入するのがいいでしょう。

 

一年後、同じ年代の人と差が出るのは、やはり美白化粧品を使っていたかどうかなのです。