美白化粧品は厚生省認可の成分が配合されているものを

シミの無い透明肌を目指して美白化粧品を使っているのに、思ったような効果が実感出来ないなんて時には、もしかしたら選んだ成分が間違えているのかも知れませんよ。

 

部分的に点在するシミはもちろん、肌全体のうっすらとした日焼けにも効果はありますが、漂白剤ではないので、持って生まれた肌の色より白くすることは出来ません。

 

美白化粧品の主な効能は、シミを目立たなくする・シミを予防することとなり、ちゃんと厚生省が「美白効果あり」と認めている成分があります。

 

過去の日焼けによる老人性色素斑、遺伝的要素の高いソバカス、肝斑のシミを薄くしたい時には、シミを薄くして目立たなくする成分の含まれている美白化粧品を選ぶようにしましょう。

 

具体的には、ビタミンC誘導体・ハイドロキノン・油溶性甘草エキス・エナジーシグナルAMP・プラセンタです。

 

なんとなく肌に透明感がない、全体的にやや色黒なのが気になる、将来のシミ予防目的なら、新しくシミが出来るのを予防する成分が含まれているものを選びましょう。

 

アルブチン・エラグ酸・トラネキサム酸・ルシノール・リノール酸・コウジ酸は、メラニンの生成を抑える作用があるため、肌そのものの色味を本来の肌色に戻しつつ、新しく色素沈着が起こるのを抑える作用があります。

 

実は美白化粧品を使っても、あまり効果が期待できないシミもあるんですよね。

 

花弁状色素斑と言われる、強烈な日焼けによるダメージが真皮層まで到達してしまっているタイプのシミは、レーザー治療以外ではなかなか消えてくれないシミになります。

 

美白化粧品は漂白剤ではないので、ターンオーバーを繰り返すうちに美白効果が出てくるものです。

 

長期間使用することに意味がありますので、化粧水や乳液のように毎日確実に使用するものを、厚生省認可のある成分の配合されている美白化粧品にすると良いかも知れませんね。

 

白潤シリーズの美白化粧品

 

白潤という美白化粧水は、シミをソバカスを防ぐ働きがあり、より肌をより美しくします。

 

とろりとしたところが、肌をモッチリと潤いを与えては乾燥肌を改善することができます。

 

詰め替え用もあり、ゴミもかさばらないのもいいところです。

 

この美白化粧水にはしっとりタイプから乳液、美容液などがあります。

 

化粧水には高純度アルブチンを含み、ナノ化ヒアルロン酸ヒアルロン酸NaとビタミンC誘導体を含み、170mlも入っています。

 

乳液には高純度アルブチン、ナノ化ヒアルロン酸ヒアルロン酸を含みます。

 

薬用美白化粧水にはしっとりタイプから薬用美白クリーム、薬用美白マスクもあります。

 

シミやくすみを改善をしたい時、美白マスクを顔に貼れば、その美白効果の高めることができます。

 

薬用美白クリームは、ジェル状のクリームで、肌にしっかりと馴染みます。

 

美白マスクはスペシャルケアができ、アルブチンを含み、広がった毛穴を引き締める効果も期待できます。

 

キメも整えることもでき、よりアンチエイジングを高めます。

 

暑い夏場には冷感ヒアルロンゼリーなら、清涼感もあり、肌を爽やかにホワイトニングができます。

 

ナノ化のヒアルロン酸も含み、毛穴の奥にまでしっかりと入り込み、シミをしっかりと消す効果があります。