美白化粧品でシミ対策を

肌のくすみに悩んでいました。

 

なんか老けたなぁと思って自分の顔を鏡でジロジロ見てみたのですが、くすみが原因であることがわかったんです。

 

しかもシミがてんてんとついていますし、これはまずいと思いました。

 

どうしたらよいのかわからないので、いつも化粧品を買っているお店の店員さんに相談したところ、美白化粧品を使うことをすすめられました。

 

美白化粧品を使っていると少しずつシミがなくなっていき、今は見えなくなっています。

 

以前はコンシーラーでシミを隠そうと思っていたのですが、今はコンシーラーを使わなくてもシミが見えないのでとても嬉しいです。

 

やっぱりシミがないと若々しく見えるものですね。

 

また顔の色も少し明るくなったような気がしています。

 

美白化粧品を使って現在半年ぐらいですが、すごく透明感のある肌になってきました。

 

スッキリした感じでキレイなんです。

 

周りの友達からもシミ一つない美肌だねとか、エステに通ってこんなにキレイなの?なんて言われます。

 

店員さんにオススメしてもらった美白化粧品のおかげでここまでキレイな肌になれました。

 

これからは毎日シミができていないか、くすんでいないかとチェックしていこうと思います。

 

美白化粧品を使っていれば良いですよね。

 

美白化粧品に「ビタミンC」が含まれている理由とは

 

美白化粧品の成分といえば、即座に連想されるのがビタミンC誘導体やピュアビタミンCですよね。

 

なぜビタミンCには美白効果があるのでしょうか。

 

人間の老化の原因のひとつは、体内の活性酸素です。

 

活性酸素が体の細胞を傷つけてしまうため、そのダメージが積み重なった老化になってしまうというわけです。

 

これは肌についても同じことで、活性酸素によって肌の細胞が傷つけられてしまった結果起こるのが、美白の敵であるシミやシワだというわけです。

 

ビタミンCにはいろいろな働きがありますが、そのうちの1つに抗酸化作用があります。

 

これは活性酸素の働きを抑えるものです。

 

つまり、ビタミンCは老化を抑える働きがあるといっていいのです。

 

ビタミンCは食物に含まれていますので、ビタミンCを食事で摂取することでも効果があるのですが、それでは全身に回ってしまい、限られた量しか肌には回ってきません。

 

ならば、直接肌に塗ってしまえば、集中的にビタミンCを投下することができますので、より大きな老化防止効果が得られるというわけです。

 

ビタミンC誘導体入り化粧品や、ピュアビタミンC入り化粧品が美白に効果的だとされているのは、上記の理由からです。

 

気になるあなたは、一度試してみてはいかがでしょうか。