肌に合った美白化粧品を選ぶことが大切

美白化粧品を選ぶ時の一番のポイントとなるのは、自分の肌に合ったものを見つけることです。

 

美白化粧品に配合されている美白成分には、大きく分けて2つのタイプのものがあります。

 

1つはシミを予防するタイプ、そしてもう1つはできてしまったシミを目立たなくするタイプのものです。

 

そのため、できてしまったシミを改善したいと思っているのに、間違って予防する働きがある成分が配合された美白化粧品を使っていたとしても、あまり効果を感じることができません。

 

目的に合わせた美白成分が入った化粧品を選ぶことが大切です。

 

シミを予防するタイプの美白成分には、アルブチン、エラグ酸、ルシノール、トンラネキサム酸、リノール酸、コウジ酸などがあります。

 

シミを目立たなくする成分には、ビタミンC誘導体、プラセンタエキス、ハイドロキノン、油溶性甘草エキス、エナジーシグナルAMPなどがあります。

 

美白成分を大きく2つのタイプに分けましたが、肌への働き方はそれぞれ微妙に違ってきます。

 

そのため、自分の肌に馴染みやすい、効果が現れやすい美白成分を選ぶ必要があります。

 

そのため購入する際は、必ず試供品などで試してみることが大切です。

 

オススメなのは、乳液、クリーム、化粧水などの基礎化粧品に美白成分が配合されたものです。

 

美白効果は継続することが何よりも大切です。

 

基礎化粧品なら必ず毎日使うものなので、無理なく美白ケアを継続することができます。

 

美白化粧品を買う時に見る成分

 

美白成分で有名なものといえばハイドロキノンです。

 

多くの美白化粧品に入っているので、知っている方も多いでしょう。

 

しかし、敏感肌の方にとってはすこし刺激が強い成分のようです。

 

敏感肌の方は、ルシノールという美白成分の入っている美白化粧品を使うようにしましょう。

 

こちらはハイドロキノンに似た働きをするものの、お肌にとってさらに優しい成分なのです。

 

また、ビタミンやビタミンC誘導体といった成分も、美白化粧品には欠かせない要素です。

 

こういったものを含んだものがシミに直接作用して美しく健康的な肌を作っていってくれるので、成分の一覧をきちんと確認して購入するようにしてください。

 

また、大きなボトルを買ったあとで肌に合わなかった、ということがないように、始めは小さいサイズのものを買ったほうがいいです。

 

つい、大きいサイズのほうが量が多くて少し安いから、お得だと思いがちですが、肌に合わなかった場合は2、3回で使うのをやめてしまうわけですから、結果的に割高になってしまうこともあります。

 

無駄にならないように、少量タイプのものから買っていき、これだ、と思うものを本格的に購入することにしましょう。

 

また、今自分の肌をしっかりと鏡で見て、シミがどれくらいあるのか、もしくはないのかということを確認したうえで、美白化粧品を選びましょう。